入院の話

まとめたつもりだけど、だらだら書いてるので(何か見落としてるだろうし)気が向いた+時間があったら読んでみてください(笑)  


■19日 入院
20日に真珠腫性中耳炎の手術の為、19日に入院。(便宜上、名前は「悠」でいきます)

何年か前に『西に病棟が増えたなー』とは思ってたんですが、そっちの病棟でした。
1階は売店があるのでよく行ってたんですが、病棟のある上の階へ…
「ホ、ホテルのロビーか!!」と思いました。
エレベーターを降りると毛足の短い絨毯、自動ドアの向こうに見えるカウンターがホテルのフロントを思わせますが、自動ドアを越えると、やっぱりナースセンターでした(笑)

簡単に手続きと説明を終え、病室まで移動。6人部屋かと思ったら4人部屋!
そしてすぐ昼食の時間。
行動自由と言う事で、外出届けを出して家へ。
暖かいパジャマを持って行ったんですが、窓側の上、温度管理されてるのか…暑い!
薄手の七部袖を持って病院へ。
すぐ夕食。着替えも完了。持って来たパズル雑誌と3DSを取り出す。

9時消灯なんてありえーん!テレビ何やるかなー?と思ってたんですが、食事か空気に睡眠薬でも入ってるんじゃないかと思うくらい眠たくなりました。病院ってコワイ(笑)
しかし、いつでも要るんやな…いびきの凄い人。
先に居た3人中2人が凄い人だった。

■20日 手術当日
案外眠れました。
看護師さんが朝の血圧・脈拍・体温、酸素濃度?、眠れたか、トイレの回数、等のチェックへ。
看護師「○○さん、失礼します。眠れましたか?」←聞くと同時くらいに血圧を測るシャコシャコ音
隣のお婆さん「それがさ、寝れんくてさ、睡眠薬貰ってるけど…」
向かいのおばさん「んー、まあまあかなぁ(笑)」
私『嘘つけ、がーごー寝とったやないかい!』
看護師さん「悠さん、失礼します。眠れましたか?」←聞くと同時くらいに血圧を測る音
私「はぁ、何回か起きましたが、まぁまぁ眠れました」

当日は朝から絶飲食!周りから良いにおいがしても我慢です。
・午前9時頃、手術着に着替えてから点滴開始。
手術用の「医療用着圧ソックス」ってやつが窮屈だし、足先面白い。
今の所、緊張感・不安感等、無し。
・午後1時半頃
来ていた家族とともに手術室前へ。
じゃあねーと、手術室の中と待合室へ分かれる。
説明と確認を終え、いくつかある部屋の一室に案内、先生の挨拶。看護師含め6人くらい居た。
「お久しぶり!元気だった?」と明るい挨拶の麻酔科の先生(女性)は副医院長だった!
「ここに腰掛けて、横になって…もう少し上かな?」と淡々と言われて布団を被せられる。
あー…台も布団も暖かーい♪
今の所、緊張感・不安感等、無し。あれ?
「はい眠くなりますよー…」
 
麻酔科の先生「悠さん起きて下さーい。終わりましたよー」
ネットで体験談読んだとおりあっという間だったなーと、ふっと思う。
麻酔科の先生「大きく息を吸ってくださーい」
あえて言うなら恐怖体験はここだった。
大きく息を吸えと言うので吸おうと思ったら…全く出来ない!吸うのも吐くのも全く無理。
無理だと頭を横にぶんぶん振ってみる。
麻酔科の先生「はい、管抜きますねー」抜かれるとすぅっと呼吸が出来るようになる。
そんなもんあるなら早く抜いておいてくれ…orz
 
次に気が付いたのはICUのベッドの上だった。(後から聞いたら面会は午後5時だそう)
ご家族居ますよ、先生居ますよと言われて目を開けても、ぼーっとして誰か分からんし(笑)
耳鼻科の手術は3時間くらいで病室に戻ると聞いていたんですが、一晩ICUにお泊りしました。
ICUの看護師さんは、心電図のチェックしたり、体拭いたり、下の世話したり、吐いたの片付けたり、何か色々大変だなーと、段々眠気も覚めてきて暇になってきたので、周りの音を聞きながら思いました。でもやっぱり寝る。


■21日 術後1日目
朝食が出るが全て汁物。お茶・牛乳・味噌汁・重湯の流動食。
重湯がきつかった…暖かいお米のとぎ汁飲んでるみたいな。これだけ頂かずにご馳走様。
お昼頃病棟に戻る事に決定。
体を拭いてくれるというので、ついでに血でパリパリになった後ろ髪も拭いてくださいとお願い。
頭回ってなくて言えなかったので、こんな所で見てるわけ無いですが、お世話になりました!!
 
病室に戻って昼食が出る。同じようなメニュー。やっぱり重湯だけ頂かずにご馳走様。
午後2時くらいに耳鼻科外来の診察に呼ばれる。
夕飯はお粥にしてもらいました。
多分この日は寝て過ごしたと思います。(あまり記憶に無い)


■22日 術後2日目
ツイッターに元気だと報告してみる。
今の病院は携帯・スマホ(周りに迷惑かけない程度に)OKだそうですね~。
午後1時くらいに耳鼻科に呼ばれる。
縫った所から出てるらしい、耳の中の水分を抜く管から吸引機で水分を吸われる。
昼食しばらく後、栄養士さんが現れた!!
現在、軟菜食と言うものを出しているけど、食べれそうならお粥と元のおかずに戻すと言うお話。
それでお願いします。と言うと、お嫌いなものはありますか?と。
考えず「生魚介類が…」というと「あ、出ませんね♪」と返答が。


■23日 術後3日目
お昼の主食を麺にしてもらった。
鏡に写る耳にガーゼを付けた自分を見て、ゴッホの自画像を思い出す。
午後12時半くらいに耳鼻科に呼ばれる。


■24日 術後4日目
朝のチェックに来た看護師さんに「朝はパン、お昼は麺、夕飯はご飯に出来ますか?」と聞いたら「電話しときますね」と。おお!
午前11時50分くらいに耳鼻科に呼ばれる。どうやら外来の空き具合で呼ばれるもよう。
例の管を抜く。らしい。
思わず「先生、痛いですか?」「痛くないよー…はい」本当に痛くなかった。

まだ頭を濡らしてはいけないので、看護師さんにドライシャンプーなるものをやってもらった!


■25日 術後5日目
外出許可が出たので、必要品の買い物!と思って外出。
しかし、何だかふわっふわするぞ?重心定まってないぞ?空中歩いてるみたいだぞ??
と言う事で、ほぼ家の中に居ました。
病院に戻って看護師さんにふわっふわ現象を報告。


■26日 術後6日目
看護師さん曰く、土日は耳鼻科の診察が無いらしい。
内科の主治医の先生はほぼ毎日見かけるんだけれども(笑)
前日の事もあり、おとなしく3DSする。
(ちなみに、面白いから入院中に遊ぼうと思っていた「不思議の国の冒険酒場」を黙々と)


■27日 術後7日目
12時丁度くらいに耳鼻科に呼ばれる。私のお昼ご飯!!と思いながら外来へ。
抜糸するらしい!
思わず私「先生毎度聞くようですが、痛いですか?」
先生「痛くないよー…痛かったら言って…今日で1週間だからばっしする~…はい」
痛くなかった!何でだ!?と言うか何で楽しそうなんだ(汗)
本日は診察が2回。
耳に詰めてあったガーゼも無くなり、先生に退院許可を頂いた!けど、もう少し居る事にする。


■28日 術後8日目
12時15分に耳鼻科に呼ばれる。
丁度最後のおかずを口に放り込んだところだった。先生…orz
普通に耳の穴から水分を吸引機で吸われる。何度やっても慣れない。
先生に退院について聞かれたので、家族にメールで相談してみる。
病棟の看護師さんに「明日の診察が終わったら退院でお願いします」と伝える。


■29日 術後9日目
お昼の1時頃耳鼻科に呼ばれる。
いつもの吸引と次回の話をする。
お昼3時頃に家族が迎えに来るというので黙々と3DSを進める。
本日の看護師さんが最後の体調チェック?と書類を持ってくる。
看護師さんが説明しながら「あれ?今日退院するのに31日…あれ?あさって外来診察?」
予約とは別らしい(笑)

家族がお迎えに来た!
何か、入院した時より退院する時の方が大荷物(笑)
ナースコールで看護師さんにお忘れ物チェックをお願いする。(規則らしい)
母上が、丁度入院時も退院時も担当になった看護師さんの髪が短くなった事に気が付いて、
看護師さんと髪の話をしながら病棟出入り口へ。
「お世話になりました!」と頭を下げて「お大事に」と看護師さん達に言葉を貰う。
本当にお世話になりました!!

高額医療の申請をしていたので、初めに聞いていた金額でなくてホッとする。
母上が確認があるからと窓口へ行っている間、まだふわふわするからと待合の椅子に座って待つ。
母上「あれ?おらん」きょろきょろ。兄弟「あ、居た!もっと存在感を!」それは、無理だろう(笑)

(´∀`)ノ 退院


実は予定表に組んであった30日まで入院していようかと思っていたんですが、
予期せぬストレスがありまして。

入院費もかさむから早く出て来いと言われた事もあり、1日早く退院しました。
そのストレスの原因と言うのが…向かいのおばさんです。
初め病室に4人居たんですが、ICUから帰ってくると1人退院されていました。
3人になったんですが、そのおばさんと隣のお婆さんがよく話をしていました。
話友達になったのかなー?と。
そのお婆さんが2~3日後に退院されました。
2人になったら急に話しかけられました。会釈程度はしてたんですが、急に。
次の日また3人になりました。
ぽつぽつと会話がありましたが、何故か新しく入ってきた人には話を振りません。
カーテン越しに何度か話しかけられていたんですが、次第にカーテンを勝手に開けて話しかけてくる様に。
27日耳鼻科で同じく退院しても良いと言われたのか、新しく増えた人が退院され、また2人です。
おばさんの話しかけてくる位置が少し変わりました。
『●』の位置です。
間取り
初めの方は、自分の病気はどうだとか、おたくの病気はどんな感じ?とかだったんですが、
2人に戻ったとたん●の位置で、隣の(部屋の)人はこういう病気で今日退院なんだとか、その隣(部屋の)の人が~とか、今日家にお風呂入りに行って来るとか…ハッキリ言って本気で凄くどうでもいい話なんです…orz
こっちが聞く気が無い体勢(パズル雑誌・3DS進めながら)でいてもです。
夜、右耳聞こえないから左耳だけでイヤホン付けてテレビを見ているのを、勝手にカーテン開けて知っているのに、話しかけるとか。
カーテン越しに「○○○○○だよねぇ?」何か言ってる様な気がするなぁ?という私に「ねえ!(←強め)」と。
何か言ってたのか…(´・ω・`)と「何ですか?」と聞いたら…本気でどうでもいい話だった、とか。

出来れば干渉されずに過ごしたかった私に、プライベート無い上に凄いストレスにさらされる…
大変だった!